2018年09月12日

タナカのM935、バースト治ったYO!

タナカ・ベレッタM935のバーストで悩んでいる方。ひょっとして、ピストン・ロッド先端のOリングが外れてませんか? 私、これで治りました。ピストンカップにばかり気を取られすぎていたぜ!
posted by 奇天烈海月 at 21:09| 北海道 ☔| Comment(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

タナカのトレンチガン

タナカのM1987ガスショットガン。限りなく実銃を再現した名作ですが、ほぼ絶版。
そして、当然その最大の特徴であるガスカートも・・・。

しかし、このたびPPSのM800のショットシェルが汎用できることがわかりました。
カート不足に困ってた方! 朗報!
posted by 奇天烈海月 at 14:19| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月13日

PPCカスタムの適正値段

某リサイクル店

一丁4000円

おいおい。

ヤフオク

12万ー6万

うん、人気機種でもないし、モデルガンだから・・・。

だからっつって

この価格設定。何?
posted by 奇天烈海月 at 20:47| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月13日

修理あなどりがたし!

なんかさー。
フジミ・モーゼルの修理だけで、一日がオワタ。
posted by 奇天烈海月 at 01:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

ベレッタ ポケット(俺の脳内変換で)

さて、みなさんは、MGCのベレッタ・ポケットという銃をご存じでしょうか?
そう、国産モデルガン史に燦然と輝く、初期も初期の銃。
このたび、それをゲッツツー! さっそく、お披露目とまいりますー。

RIMG0099.JPG

なんじゃこるぁぁああああ!(優作風)
 
 MGC・ベレッタ・ポケットって、金属モデルガンでしょ!!? おい!

 金属の一ペンの輝きもござーません!

 いや、ネットで、ずっとノーイメージで売ってたんで、怪しいとは思いましたが、
 どうしても、22口径のすっぽり手に包み込めるグラマラスな曲線がほしくって・・・

 まぁ、どこの駄菓子屋王国で作られたかの銃、って感じですが、それでも、がばっとあいたスライドの背中は、ベレッタベレッタしてるし、グリップどことなくワルサーさえ思い出させるスタイリッシュなスタイル、いいなぁと思います。

RIMG0098.JPG

 トリガーガードがないのも、いかにもむき出しな闘志というかー、「ケンカ慣れしてる」玄人っぽくっていい!
 (実際には危ないだけですが・・・。)

 で、本格的に、マガジンも引き出せるところが泣かせる。
 スライドひかないと、マガジン入らないand
 一発撃つたびに、マガジンが飛び出る仕様だけどな!
 
RIMG0101.JPG
 
 でも、デスクトップにころがしておいただけで、不思議と頬が緩むのは、なぜでしょう・・・。

 で、いくらはたいたって?

 うーん。ボキの涙をそんなに誘いたいんですか? 今晩添い寝していただけるんですか? あなた。
posted by 奇天烈海月 at 20:49| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月20日

インドア戦なら、こーいうのもあり?

どうもー、本日「ハイキャパ5.1rサバゲインドア使えるか」というキーワードで検索かけてきたかた、ありがとうございます。

 とりあえず、おすすめはこれですかね。

 37890799_p0.jpg

 シングルスタックですが、進化したオペレーターっぽなM1911ですし、
 リアルカウントに近い、装弾数8発!
 散らかるカートは、紛失の可能性もある不経済の塊!
 ジャムも起きますが、そこは実銃も同じっ! というか、じゃこんとスライドを引いてジャムしたカートを強制排出させるのは、もう実銃!?!?

 うそです。
 私自身の偏見入りまくりで大変申し訳ございませんっ!

 でも、それならWAのベレッタM1934はいかがでしょうか?
32144461_p0.jpg

 こいつの何よりの強みは、やはり小型だということ。特に木グリ付なら、かんなり軽い! ポケットに入れても全然おけ。
 また、私自身、うっかりしてコンクリに落としてしまいましたが、それでも作動に無問題! (だからと言って落とさないでくださいね。)
 また、装弾数も、驚異の20発!
 ワンゲーム、楽に行くんじゃないんすか?
 
 飛距離、精度は、そりゃフルサイズの大型オートに譲ります。しかし、室内みたいなせっまいところで、それだけのパワーが必要でしょうか?
 サイトも古いから、狙いづらいですが、じっくりと腰を据えて射撃、って、サバゲのインドア戦でありまっか?
 しかも、こいつ、近距離ならば命中精度はかなり高いときてます。

 ホールドオープンしないところも、いちいちスライドストップ云々、という操作に煩わされない。私は気に入ってます。
 あの伝説のエアガンスミス、癌住吉も「大型と同じ性能なら、小型のものを選んだ方がいい。」とベレッタM84をおすすめしております。

 しかも、サイドアームの「ハンド」ガンなんて、使う機会あります? 
 繰り返しますが、ならば可能な限り形態に有利なものを。
 さらに言えば、スタイリッシュなものを選ぼうよ! という塩梅です。ほとんどほかの中型オートと、性能は変わらないと思うから・・・。

 つーわけで、インドアゲームのお供には、ぜひM1934を! という提案でしたが、いかがでしょ?
posted by 奇天烈海月 at 01:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月16日

デュアルマキシM1911はけっこうよかった。

さて、今さらになって、やっとマルシンのテュアルマキシM1911ゲッツ

37890799_p2.jpg

うん。散々迷ってたんだけどね。というのは、デュアルマキシシリーズって、けっこうもろい。これ買ったと入れ替わりでデュアルCz75のトリガースプリング折れた。キンバーは2,3か月に一回なんかしらトラブル起こした。
 それに、この銃は口径6mmです。9mmにも45口径にも小さすぎるカート萎え。

 しっかし、買ってよかったー。今のとこノントラブル。
 しかも、他社のグリップ(うちのはマルべりのグリップ)やら、レールにモジュールが載るところがいいね!
これまでのデュアルマキシは、そんな器用さはございませんでした・・・。せめてCzに、他社の木グリが付けば・・・と考えた人もいるんじゃないかなー? 外観が変わるって、重要!

 37890799_p0.jpg37890799_p2.jpg

で、もうご存知の方もおられるかもしれませんが、これはVer.2で、廉価なブラカートを使います。
Cz75の、金属カートももろ使えます。やっぱり、小さいとはいえ、銃の周りに散らばるメタルな残光の薬莢。
あんなにチいチャイカートには萎えたはずなのに・・・。この胸の高鳴りは何?

 実射性能ですが、けっこう狙ったとこに飛んでいくし、排莢もスムーズ。時々ジャムが起きますが、それも実銃のようなアクセントでありスパイス。
 あんまり期待してないどころか、トラブルも覚悟していたので、かなりうれしいっす!

 気になったのは。一か月でなんかカートの飛びが短くなりったぐれーかな。
 でも、そんなことでめくじら立てちゃいけないよ。うん。完璧なものがほしいなら、二丁買うしかないし・・・。ワタシノ場合、迷ってたら売れましたー。がくー。

 ま、機会があったら、ぜひ手にしていただけたら!
 Czと並び、特にトラブルも少ない。おすすめしたい一丁です。
 デュアルマキシ最新作に出され、そのころはみんな飽きちゃったのか、ろくな宣伝もされていなかったのて・・・。ここでせんでーん!
posted by 奇天烈海月 at 10:02| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

劇的退化だっ! ベレッタM935

はてさて、中型オートなのにフルオート。
前回紹介したベレッタM935。

ブルーイングかけて、新品まがずぃーん買って、グリップ後部にラバーの滑り止めつけたら、こんなになっちまいまったー。

brb.JPG

それでも、中身は弾ぽろっ!
ついでにフルオートするって

どういうこった!

ついでにサイコガンもブルーイング

si5.JPG

ついでに、なぜか目撃されたなぞのサイコガン怪人sik.JPG




posted by 奇天烈海月 at 13:42| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

なごむ! マルゼン ワルサーPPK!

さーて、寄る波のような物欲には勝てず、ベレッタに引き続いて、マルゼンのワルサーPPK買ってまいました。

お前、そんなことしよるから、ヤフオクの悪質出品者に引っかかるんやろ!RIMG0026.JPG

にゃんこもあきれ顔です。

で、買ってみたPPKですが、

やっぱり、この中型オートのサイズで、ホールドオープンするのが、なんとも斬新でかわいいっス!RIMG0027.JPG

いやね、今まで大型オートしかなかったもんだから、スライドストップを押して、スライドを元に戻す、ってのが、もう空気並みに当たり前。
 そして、もうあほかと、ばかかというくらい持ってる、ベレッタM1934って、基本的にホールドオープンしない銃なんですよね。

 弾を撃ち終えたら、そのままスライドは後退したままでとまり、弾を装填したマガジンを入れて、スライドを引くと、所定位置に戻るこの感覚、つーか合理性。

 同じようなスライドストップ機能で、KSCのP230も持ってましたが、あっという間にスライドストップがかかんなくなって、うっぱらっちゃった・・・。


 だから、しっかりとまるこれって、なんか新鮮ー。
 命中精度は、癖があるけど、それでも、この姿がかわいいんで許しちゃうっ!

 しかし、遅ればせながら、カメラ譲ってくれたOK氏に大感謝。
 さもないと、こんなきれいなキャプ写真取れないモンねー。
 この場を借りて、お礼をいいます。
 ありがとうございました。



posted by 奇天烈海月 at 02:03| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

なぬっ! タナカ ベレッタM935はマシンピストルだった!

さて、ベレッタM1934好きならば、避けて通れない話題に、タナカのベレッタM935があります。
ベレッタM935ってのは、ベレッタM1934の民間向けに販売されたモデル。で、M1924より、よりちっこい32口径を使う。(ゴノレゴ風)
 エアガン界としては、タナカが1993年ごろ出した古っるいモデルで、当然絶版。RIMG0017.JPG

 だけど、通の間から言わしゃ、外見は「リアルなものにこだわらせりゃ日本一」六人部氏、内部は「タフで実用的なメカを作らしゃ日本一」生きる伝説、タニオ・コバ。というわけで、評価はそこそこ高い。
 現に、別巻アームズ『ジャパニーズ トイガン ヒストリー』にも、「ウエスタンアームズなどよりも、いち早くプレシュート(ブローバックの前に弾を発射する。こっちのほうが命中精度がいい)にも、まるでファミコンのサンサーラ・ナーガのごとく、隠れた名作として取り上げられてる。
 で、屋不億でも4000-5000エン程度で取引されてたりして、ぽちぽち需要もあるみたい。
 だって、ウェスタン・アームズのM1934なんか、中古でも一万くだらないもんね。
 で、阿多クシは、弾切れ起こしたら、擬似ですがホールド・オープンが起こるのに引かれて買ってみましたが・・・。

 RIMG0020.JPG

 はっきりいってうぜぇ!
何せ、空うちするたびにスライドとまります。
なおかつ、ワルサーPPKなどのように、マガジン代えるまでスライドは後ろに下がってません。
マガジン抜くたびに、がっちゃんという感じで、スライドが元へ戻ります。
これは十数年前の骨董品にはツライ!
しかも、どこかがへたったのか、この機能はかからなくなってしまいました。
ウエスタン・アームズがどうしてホールド・オープン無しで世に出したのか。改めてその偉大さがわかります。


 で、驚いたことに、この銃バースト機能がついてます。
 引き金を一回引くごとに、ばるるるる、と銃口が吼えます!
 なんてこった! ウエスタンアームズのM1934マシンピストルに先駆けてン年前!

 もちろんうそですよ! 

ただ単に、セミオートの機能が低下しているだけです。
 弾も銃口から零れ落ちるし。

 そう、ガスルートが甘くなっているのか、シアがおかしくなってるのか、いちいちマガジンを暖めなおしてやらないと、セミオートでまともに弾が飛ばないっ!
 また、撃鉄をいちいち起こしてからでないと、マガジンをいれてはなりませぬっ!
 さもないと暴発します
 私はこれで、自分の足など打ち抜きました。

 とは言ったものの、ウエスタンアームズより少し太い造詣は、ベレッタらしいグラマラスなボディをいっそう引きたたせます。

RIMG0019.JPGRIMG0018.JPG

 年を経ての劣化リスク込みで買わなきゃいけないですが、ゴノレゴ風に言わせてもらいますぜ

 これ、最強!

ただ、これにはまると、スペアマガジン、果てはスペアの本体と、容赦なく金がかかる危険性があるというまさに諸刃の剣。

 ま。おまえらドシローとは、ウエスタンアームズのM1934でも買ってなさい、ってこった。(ゴノレゴ風)

いや、ホンマにM1934ならウエスタンアームズをお勧めいたします。買って絶対に後悔いたしませんって。高くても、買うならウエスタン・アームズ。絶対です!
posted by 奇天烈海月 at 13:32| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月07日

ぼきにも作れるミスタ銃(ジョジョの奇妙な冒険より)

さて、私はコルト・ディディクティブ大好きです。
昔の刑事ドラマに頻発したローマンを、ぎゅっと縮めたような愛らしいスタイル。
あぶない刑事で、ユージ派だった私は、これの縮小版のディディが出るってんで、即効で予約して買った覚えがあります。
 何せ、一度はスクラップになるほど使い込んで、このたび二代目を買ったぐらい大好きです。

 で、もう一つ、ジョジョの奇妙な冒険も大好きです。
 その中でも、拳銃使いのミスタ。ガンマニアにとっては、一気に飛びついた方もおられるのでは?
 次元・シティハンターたちに続く、稀代のガンマンの一人だと思われ。

 で、主人公のミスタの銃、仕上げてみまったよー。
 1.jpg

 とはいっても、漫画の中ではS&Wだかコルトだかはっきりしません。
2.jpg

 写真下の、ボディガードではないか、という件もありますが・・・。

 荒木センセ、銃を書くのはそれほど熱心ではないようで・・・。だから、なんちゃってカスタムなんですが・・・。
 しかし、その特徴的なハンマー覆い。装弾数六発。そして、時々出てくる曲線を多用したラッチと、むき出しのエジェクターから、ディデクティブも候補に挙がっている! 
 だから、ボキの中では、もうディディ区でするー。

 4.jpg

 アドバン製のハンマーシュラウド・・・ハンマーをカバーする部品をつけましたが、これが、フレームを挟み込む部分が狭すぎる! そのまま組み込んだらラッチが動かない、などで、かなり削りました。
 しかし、こいつが固い! サンドペーパーと金ノコでは、ひたすら時間がかかりました。三日もやったんで、指がパンパン! 最後らへんは、親指が痛くて、ラッチが引けなくなりました。

 グリップは、デフォルトにくっついているグリップとがらりと雰囲気が変わるスムースを採用! しかし、これもネジ欠品で、加工が必要だったなぁ。
 ミスタは大柄だから、大きな手にあわせて、グリップアダプターも装備しております。
6.jpg

 あれっ! リボルバーなのに、10発もでるよ!
これがセックス・ピストルのスタンド能力!
うそです。ペガサスシステム使ってるだけです。
7.jpg

 でも、装弾数はろっぱつなのる!
 5.jpg

 うそです! ガスガンの旧ディディクティブのシリンダー入れてるだけです。
 回転こそしませんが、カートの出し入れ、エジェクターロッドを押す、など、リボルバーの楽しみは満喫できます! というか、モデルガンのディティクティブ買う金がないからです。
 帽子から弾を落として、装填することも可能!(才能さえありゃな。ボキはできません)
 
 8.jpg

 というわけで、ミスタの拳銃目指して仕上げてみた今回のカスタムですが、いかが?
私の中では、かなり忠実に仕上がったと、会心の一撃なんですが・・・。
 ファンの方、忌憚のない意見、よろしくお願いいたします。

posted by 奇天烈海月 at 10:59| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月09日

おっと、マルイのM66

肝心なことを書き忘れててスマヌ!

マルイ旧M19のシリンダーは、新M66に入れても、ノズルが前進せず、作動不良起こすから気をつけて!

どうも、新式では、より深くノズルが押されて、シリンダーに密着する形になっているらしいです・・・。

ただ、今のような冬場は、間違いなくカート式の方が安定してます。

posted by 奇天烈海月 at 11:19| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月04日

マルイM66のいいとこ。

タナカのM19シリーズのように、実銃につけるグリップはつきませんが
それについで、グリップが豊富ってとこッスかね?20130104130647.jpg

旧マルイM19のものが流用できます。

ただ、絶版が多いんで
かき集めるのには苦労しますが・・・。
posted by 奇天烈海月 at 23:41| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月03日

今度のキャロムの新作! マルイM66ノンフルートシリンダー(嘘)

というわけで、エアガンのカスタムパーツ・カスタムガンで有名なメーカー、キャロムショットですが、今度の新作が決まったようです。
 マルイのM19リニューアルを使って、M66のノンフルートVer!

m19.jpg

もちろん大嘘ですけどね!

いやー、昔が懐かしくなって、いろいろいじくってみましたよ。
シルバーは、銃身を大きく見せる効果があるんでしょうか?
細みなM66の癖に、ノンフルートシリンダーが似合います。

旧M19用の、改造したガスタンクも、苦もなくくっつきました。
今のところ、旧式で新式に使えないカスタム・パーツは、バレル・ハンマー・サイドプレートくらいなもんです。

しかし、キャロムの方でも、M66のチューンナップされたものは、もう発売されており・・・。
こんなん、真っ先に出してもおかしくないと思うんですが・・・。

数々のキャロムM19カスタム、また会いたいもんです。

ちなみに、あんまり寒いと、多弾数シリンダーから、弾がでなくなるんですね・・・。

うちのためにためた、M19のストックがいっせいに故障したかと、びっくり!

ただ、ハドソン・ジェリコのマガジンは

この寒さで完全にひとつおしゃかになりましたが・・・。
posted by 奇天烈海月 at 21:09| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マルイM66に、旧式のM19の部品は付くか?

つかつかというか、新年そうそう、東京マルイから出たM66、買ってしまいましたー。

目的はただひとつ

ウチのキャロムショットのM19カスタム、Vコンプのバレル等を組み込むためです。

で、結論

1 旧M19に作られたキャロムショットのアウターバレルは、付けるために加工が必要。
2 サイドプレート・およびハンマーは、旧式と互換性がない。
3 キャロムのノンフルート・シリンダーは移植可能。

ということがわかりましたー。


M19カスタムを復活させたい方は、互換性がないとこもありますんで、要注意!
posted by 奇天烈海月 at 02:06| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

劇的珍化だ! ベレッタM1934

つーわけで、前からロングバレルつけたりしてたうちのベレッタM1934ですが・・・。

ql2.jpg

サイトに集光材入れてみたり、グリップに滑り止めつけてみたり・・・。ql4.jpg
ql3.jpg

挙句の果てに、マズルブレーキつけてみましたよ!qrcl.jpgqrcbu.jpgqrcb1.jpgqrcb.jpgcrcr.jpgcrcf.jpg
これだけでもまるで別もんですが・・・。
おまけにストックまでつけてみたりして
20120720113749.jpg20120720113723.jpg20120720113656.jpg20120720113637.jpg20120720113621.jpg

何かもろ、某スパイセットですが、いかがでしょうか?













posted by 奇天烈海月 at 10:46| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

所さんの世田谷ベースにて

所さんが「BB弾が当たった! すげー精度だ! ってのはまだまだ浅い。ほんまの大人は飛ばないってのに注目する」って遊び方を紹介してました。で、かの方はてぃしゅーをつめて撃って「とばねぇとばねぇ」って喜んでるんだけど・・・。吸いません、所さん。そこは意味不明です。

ただ、私も「飛ばない銃」に興味がありますね。
その密造拳銃ぽいな外見、とほほな命中精度も濃いですし、ちょっとスタンスが違うのが、それを使えるレベルまで持ってくことに、喜びを見出すことでしょうか。

たとえばコクサイのM19、ハドソンジェリコ941とか・・・。

kcmag.jpg

飛ぶ銃は当たり前、これからは飛ばない銃っすよぉ!

東京マルイ 1911A1 コルトガバメント [ガスブローバック/ガスガン]
posted by 奇天烈海月 at 03:17| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月23日

絶対不可能と思われていたジェリコのバルブ修復が!

いやね、久しぶりにハドソン・ジェリコのマガジンにガスを入れてみたら
ガスただ漏れ!

えー、この冬場でリングが硬くなってガス漏れがおきるのを防ぐために、保管場所の温度に気をつかい、毎日ガス入れてやって、しかもほとんどいじって無いのにぃぃぃ!

これだから! これから、ハドソンジェリコを買う方、このイきやすさをおして買うか!?!?

しかし、予備マグももう絶版だし、買ったら結構なお値段がたいします。
で、ググッテ見たらこんなページが! 

http://dennis.web.fc2.com/MAIN/SVG/TUNE/J941MAGAZIN.html

なるほど! 目からうろこが落ちました! バルブって下のOリングはずせば簡単にばらせるようになっておるのねー!

 上記のページには、かなり分かりやすくジェリコのマガジンの分解、ガス漏れ対策が載っていますので、ジェリコユーザーの方は必読!

 で、上のページでは、ロッドの中央のOリングにマスキング・テープで底上げしてますが、
うちのようなぶきっちょさんは、やっぱペグα(接着剤)の弾性硬化剤をロッドに塗るだけ!
・・・もちろん、リングに塗ってはダメみたいですよ! そうしたら直りません!
もちろん、塗るのはB液だけですよ!

 ペグαのB液は、ほかにもジェリコ下部の詰め物になるし、それだけでなく、ほかのガスガン・モデルガン・はてはヘリの修理まで、かなり応用がOK!
 固まったらゴムのようになる、というところが、簡易の詰め物代わりになってグー

 ペグα_P14g(CA-313)10個/1セット

 ぜひ、一家に一個は常備していただきたい!

 あと、バルブを抜くときに、スプリングごとバルブが巣ポーンと抜けます!
 ブラックホールに入って、行方不明なんてことにならないように・・・。

 (私もそうなった。予備のジャンクジェリコ持っててよかたー)
posted by 奇天烈海月 at 17:03| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

いとしい気持ちをただただ込めて

うちのベレッタM1934に、ホワイトドットを入れてみました。

素人細工なんで、近くから見たらショボーですが・・・。

bewidot.jpg

それでも大好きなんじゃい!

折れの中では、マルゼンのガスブロワルサー・マルイのM19などと同じく、同等のだいひっつですがなー。

 WA Beretta M1934/カーボンBlack / WA
posted by 奇天烈海月 at 02:57| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

謎! PPCカスタムの怪!?

さて、ヤフオクみてみたら、ここで紹介した方、まだマルイM19PPCカスタム出して漫画名・・・。
http://halloqc.seesaa.net/article/236161929.html

何か、去年の11月から出してるのね・・・。

何度目だ! PPC! 

あれー? おかぴーな? 確かこれって、前にもう売れたはずなのに・・・。

ぼきちんの記憶違いってことも当然ありまするでしょうが・・・。

しんそーはいかに?

M19 4インチ (10才以上) / クラウンモデル
posted by 奇天烈海月 at 23:10| 北海道 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。